道東(東北海道)観光スポット
~~世界遺産など大自然の中でゆっくりとくつろぐ~

3つの国立公園を始め、数々の自然公園に彩られるひがし北海道。
貴重な原始性や、秀峰、美しい湖や河川、そして広大な花園や湿地などが織りなすダイナミックな大地です。
それぞれのエリアで出合える感動に、ぜひご期待を!

鶴雅チャンネルにて、【阿寒湖】鶴雅グループの大地 冬 ~空撮~ 公開 鶴雅チャンネルにて、【阿寒湖】鶴雅グループの大地 冬 ~空撮~ 公開

食を堪能する

  • 和商市場

    和商市場

    魚屋、八百屋、喫茶、寿司屋など約60軒が入った地元の巨大な台所。日本一の漁獲高を誇る釧路に来たら、一度は立ち寄ってみたい場所です。

  • 炉ばた

    炉ばた

    大きなコの字形のカウンターがあり、その上には旬の野菜や魚が並ぶ。食べたいものを選んで焼いてもらえる。

  • 竹老園東家総本店

    竹老園東家総本店

    明治7年小樽にて創業し、その後函館を経て明治45年に釧路へ移転、開業したそば専門店。3種類のそばが味わえる特製品コースがおすすめです。

自然巡り

  • サルボ展望台

    サルボ展望台

    展望台入口には案内板があり、四季折々の自然の様子が観察できるハイキングコースも完備しております。

  • 細岡展望台

    細岡展望台

    釧路湿原を見渡す代表的な展望台。蛇行する釧路川と広がる緑一面の湿原、さらにその彼方に阿寒連山を眺めることができます。

  • 釧路市湿原展望台

    釧路市湿原展望台

    釧路市中心部の約5km北にある日本一広い湿原。釧路市湿原展望台の西側には遊歩道があります。

見て楽しむ

  • 釧路湿原野生生物保護センター

    釧路湿原野生生物保護センター

    シマフクロウやタンチョウなど絶滅のおそれのある野生生物の現状や、その生態系の一つである釧路湿原について展示パネルなどで紹介。

  • 釧路市丹頂鶴自然公園

    釧路市丹頂鶴自然公園

    タンチョウを自然のままに放し飼いしている自然公園。絶滅の危機にあるタンチョウの保護、増殖を目的に、昭和33年に開園しました。

  • 阿寒国際ツルセンターグルス

    阿寒国際ツルセンターグルス

    “グルス”とはラテン語でツルのこと。館内ではタンチョウの生態を紹介する資料や野外飼育場が見られます。

釧路の歴史を訪ねて

  • 釧路フィッシャーマンズワーフMOO

    釧路フィッシャーマンズワーフMOO

    幣舞橋に隣接するウォーターフロントで賑わっている建物。グルメ、ショッピング、レジャー施設が集うMOOと、EGGからなる施設です。

  • 釧路市立博物館

    釧路市立博物館

    >8つのテーマに分かれた展示で、アイヌ文化を紹介する“サコロベの人々”や“タンチョウ”のコーナーが見どころです。

  • 幣舞橋

    幣舞橋

    釧路市の中心部北大通りから対岸の南大通りをつなぐ橋。北海道3大名橋のひとつで、橋梁には4体のブロンズ像を配置しております。

食を堪能する

  • 屈斜路湖物語 丸木舟

    屈斜路湖物語 丸木舟

    「屈斜路湖物語 丸木舟」は、阿寒国立公園内の屈斜路湖のほとりに位置します。釧路川159キロメートルの源水地点です。

  • 屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa

    屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa

    お日さまの光をたっぷり浴びて育った野菜が、食卓に届きました。ひがし北海道のおいしい食材を、 ナチュラル・フレンチで召し上がれ。

自然巡り

  • 摩周湖

    摩周湖

    世界一級の透明度を誇る湖水はどこまでも澄んで青く、夏は幻想的に広がる霧風景が名物です。

  • 屈斜路湖

    屈斜路湖

    フィッシングやカヌーなどのスポーツ&レジャーのほか、湖畔に点在する露天風呂も人気です。

  • 硫黄山

    硫黄山

    硫黄の噴煙をゴウゴウと上げる迫力に圧巻。初夏は山麓一面に白イソツツジの花が咲きます。

見て楽しむ

  • 裏摩周展望台

    裏摩周展望台

    北東岸、清里町側にある展望台。摩周湖第一・三展望台に比べると、標高が約100mほど低く、湖面が見える確率が比較的高いです。

  • 摩周湖第三展望台

    摩周湖第三展望台

    摩周湖第一展望台より3kmほど北にある展望台。湖面にカムイシュ島、正面に摩周岳、背後に硫黄山や屈斜路湖などが一望できます。

  • 摩周湖第一展望台

    摩周湖第一展望台

    カムイトー(アイヌ語で“神の湖”の意味)と呼ばれる摩周湖を眺められる展望台です。

摩周の歴史を訪ねて

  • 川湯相撲記念館

    川湯相撲記念館

    弟子屈町川湯温泉は不滅の名横綱とたたえられる第48代横綱大鵬が、少年時代を過ごし、大きな夢を育てた郷里です。

  • アイヌ民俗資料館

    アイヌ民俗資料館

    コタンを支える人々の5つのテーマからなり、マルチスコープの上映もあります。アイヌの人々の暮らしや文化の息吹きが聞こえてきます。

  • 川湯エコミュージアムセンター

    川湯エコミュージアムセンター

    訪れた皆さんと川湯の大自然や歴史、文化とを結ぶお手伝いをする施設です。

食を堪能する

  • 知床料理 一休屋

    知床料理 一休屋

    知知床の郷土料理と珍味が楽しめる老舗。1958(昭和31)年創業の郷土料理店。オホーツクの海の幸を熟知した店主が旬の味覚を楽しませてくれる。

  • 喰いもの処 車馬道

    喰いもの処 車馬道

    珍獣メニューが自慢。なかでも人気は、“海のギャング”といわれるトド肉をニンニクやショウガで味付けて焼いた海馬(トド)焼きです。

  • しれとこ海鮮料理 番屋

    しれとこ海鮮料理 番屋

    オホーツク産の近海魚介にこだわる海鮮料理店。ウニを1折使う生ウニ丼や、6種類の魚介を一度に味わえる豪快生太巻きも見逃せない。

自然巡り

  • 知床五湖

    知床五湖

    5つの不定形な湖。各湖には固有の名称がなく、便宜的に一湖、二湖と呼ばれている。流れ込む川も、流れ出る川もない、実に神秘的な湖です。

  • フレペの滝

    フレペの滝

    ウトロ灯台の南、オホーツク海に面した断崖に地下水が湧き出して落ちる滝。水量が少ない涙のような滝なので、通称、乙女の涙とも。

  • オシンコシンの滝

    オシンコシンの滝

    斜里とウトロを結ぶ、国道334号沿いにある知床半島最大の滝。滝は途中で二筋に分かれるため“双美の滝”の名もあります。

見て楽しむ

  • 知床観光船 おーろら

    知床観光船 おーろら

    船上からは知床半島を眺められる。複雑な海岸線を描く断崖や、その断崖から流れ落ちる滝をゆったりと船から観賞できます。

  • 知床博物館

    知床博物館

    先史時代、先住民、自然の中での生活の厳しさや、知床半島の歴史、野生動物、植物の生態などを模型や映像で紹介しています。

  • 東藻琴芝桜公園

    東藻琴芝桜公園

    開花時期になると、芝桜で小高い斜面一帯が桃色に染まります。開花時期は5月上旬から6月上旬。

知床の歴史を訪ねて

  • 知床世界遺産センター

    知床世界遺産センター

    ヒグマの爪痕など動物の痕跡の模型を展示し、知床の自然の素晴らしさと利用にあたって守るべきルール・マナーをお伝えします。

  • 知床自然センター

    知床自然センター

    館内には大型スクリーン映像による自然紹介や、その後に行われるスタッフの取りためた写真によるスライドレクチャーも見どころ。

  • 知床国立公園羅臼ビジターセンター

    知床国立公園羅臼ビジターセンター

    知床の自然と歴史、文化をパネルなどの展示や映像を通して詳しく紹介。知床国立公園を知り、その自然を楽しむために必要な情報を提供してます。